フランスワイン概論

ワインと言えばどこの国なの?と友人から聞かれたりしますが、「フランスだよ」と即答します。ワインとして最も有名な銘柄ロマネ・コンティも、失楽園で話題になったシャトー・マルゴーも、ドンペリを始めとするシャンパーニュも、フランスのワインです。そして、各種試験で出題の中心となるのもフランス。
フランスワインの詳細を勉強する前に、最初の一歩となる概論をまとめておこうと思います。


【1】ワイン10大産地
まず最初に覚えなくてはならないのがフランスのワイン10大産地(地方)です。
地方名だけでなく、地図で場所を覚えておくことが大切だと思います。

 ・ボルドー地方
 ・ブルゴーニュ地方
 ・シャンパーニュ地方
 ・コート・デュ・ローヌ地方
 ・ロワール地方
 ・アルザス地方
 ・プロヴァンス地方
 ・ラングドック・ルーション地方
 ・ジュラ・サヴォア地方
 ・南西地方

フランスワイン地図(オリジナル400)

三大産地 → ボルドー地方、ブルゴーニュ地方、シャンパーニュ地方



【2】フランスのワイン法

AOC法(2009年以前のフランスのワイン法)
 AOC(Appellation d'Origine Controlee)原産地統制名称ワイン
 VDQS(Vin Delimites de Qualite Supenieure)上質指定ワイン
 ヴァン・ド・ペイ(Vin de Pays)地ワイン
 ぅ凜.鵝Ε鼻Ε拭璽屮襦Vins de Table)テーブルワイン

AOP法(2009年以降のEUのワイン法)
 AOP(Appellation d'Origine Protegee)原産地呼称保護ワイン
 IGP(Indication Geographique protegee)地理的表示保護ワイン
 ヴァン・ド・ターブル(Vin de Table)産地表示なしのテーブルワイン

フランスワインの難しいところは、AOCの中でさらに地域ごとにルールが設けられていることです。例えば、ボルドーでは地方名ワイン、地区名ワイン、村名ワインまでになりますが、ブルゴーニュでは畑名ワイン(特級畑、1級畑)までが存在します。その代りボルドーではシャトーごとの格付けがされていたりします。このあたりが複雑で分かりにくいところですね。


【3】フランスの4つの気候

‖舂性気候
 地域:シャンパーニュ、ブルゴーニュ、ロワール川上流
 特徴:冬寒く、夏暑い、雨が少ない

海洋性気候
 地域:ボルドー、ロワール川下流
 特徴:冬暖かく、夏涼しい、やや雨多い

C話羈だ気候
 地域:ローヌ南部、ラングドック・ルーション、プロヴァンス
 特徴:冬暖かく、夏暑い、日照量が多く乾燥

す盪垣気候
 地域:ジュラ、サヴォワ
 特徴:冬極寒、夏短く、雨雪多い


【4】ワイン生産量とぶどう品種

フランスのプチデータをまとめておきます。

▼ぶどう品種の栽培面積ベスト3
<黒ぶどう>.瓮襯蹇次↓▲哀襯淵奪轡紂↓シラー
<白ぶどう>.罐法Ε屮薀鵝↓▲轡礇襯疋諭↓ソーヴィニヨン・ブラン

▼ぶどう栽培面積
 → スペイン、フランス、イタリア(2011年)
 → スペイン、フランス、イタリア(2012年)
 → スペイン、フランス、イタリア(2013年)

▼ワイン生産量
 → フランス、イタリア、スペイン(2011年)
 → イタリア、フランス、スペイン(2012年)
 → イタリア、スペイン、フランス(2013年)
 → フランス、イタリア、スペイン(2014年)

▼ワイン消費量
 → フランス、アメリカ、イタリア(2012年)
 → アメリカ、フランス、イタリア(2013年)
 → アメリカ、イタリア、フランス(2014年)


@ワイン入門〜ワインの基礎知識