ボルドー地方のまとめ

◎ジロンド県
◎栽培面積12万ha、90%がAOC(フランス全AOCの25%)、赤とロゼで91%。
◎赤品種→メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、マルベック、プティ・ヴェルド、カルメネール
◎白品種→ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、ミュスカデル
◎生産量は「メルロー」が最多
◎AOCは村名まで(畑名AOCはない)
◎シャトーの格付け
 ・メドック地区→1855年/1973年
 ・グラーブ地区→1953年/1959年
 ・ソーテルヌ地区→1855年
 ・サンテミリオン地区→1955年(最新は2012年)
◎ジロンド川、ドルドーニュ川、ガロンヌ川の位置と各地区の位置を地図で覚える!


(1)ジロンド川左岸

【メドック地区】
 → 赤のみ
【オーメドック地区】
 → ボルドーの最高級ワイン産地
 → 赤のみ
 .汽鵐謄好謄
 ▲櫂ぅ筌奪(Chラフィット・ロートシルト、ラトゥール、ムートン・ロートシルト)
 サンジュリアン
 ぅ螢好肇薀奪
 ゥ燹璽螢
 Ε泪襯粥次Chマルゴー)


(2)ガロンヌ川左岸
【グラーヴ地区】
 .撻汽奪・レオニャン
 ▲哀蕁璽
【貴腐ワイン産地】
 .札蹈
 ▲丱襯汽奪
 ソーテルヌ


(3)ガロンヌ川右岸、ドルドーニュ川左岸

【アントル・ドゥ・メール地区】
 → ボルドー最大。辛口白。
【貴腐ワイン産地】
 .ーディヤック
 ▲襦璽團▲奪
 サン・クロワ・デュ・モン


(4)ドルドーニュ川右岸
 → 3地区ともメルロー主体
【フロンサック地区】
【ポムロール地区】→ シャトー・ペトリュス
【サンテミリオン地区】